新年度にむけて!

 みなさま、こんにちは!
いかがおすごしでしょうか?

今日は風が強いですね。
神門の門帳がはたはたと音をたててます! 
ただ、日なたに出ると春の優しい日差しを感じます。



先日のブログでお伝えした境内の八重桜。
開花しましたよー(^^)
例年よりもずいぶん早い開花です。



今にも咲きそうなつぼみがたくさんついており、
月末には満開になるのではという勢いです。
八重なので、満開になると境内が一気に華やぎます。
白木造りの社殿によく映えるんですよ(^^)



春を探して歩いていると、
権禰宜の瀬戸さんが「そういえば…」とある場所に案内してくれました。
大きく育ったつくし!
周りにはスギナもたくさん生えていましたよ(^^)



今日もたくさんの方がお参りにいらっしゃいました。
1歳2カ月の男の子とお母さん。
男の子は、境内をちょこちょこ♪
歩くのが楽しくて仕方ないという様子でした(^^)

地元の小学校では修了式。
お母さんと娘さんが一緒にお参りに来られましたよ☆

来週はいよいよ新学期ですね!
心あらたに、新しいことに挑戦できるチャンスですね。

どうぞ、健やかにお過ごし下さいね(^^)

at 15:02, はやたに, 神社の風景

-, trackbacks(0), - -

開花宣言!

みなさま、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?

長らくご無沙汰をしております。
本日より巫女ブログ復活です!
たくさんお問い合わせをいただき、ありがとうございます!
みなさまからお寄せいただいた疑問などにもお答えしてまいりますので、
今後ともよろしくお願いいたします(^^)



日に日に春を感じるようになりましたね!
広島県でも、本日桜の開花宣言がありました(^^)
開花宣言を聞くと、どことなく心がわくわくしますね☆

速谷神社の桜は、八重紅枝垂桜です。
ソメイヨシノより一週間ほど遅れて満開を迎えます。
遠くから見てみると、開花はまだまだのようですが…



ぐぐっと近づいてみると…
紅色のつぼみがぷっくりと膨らんでいましたよ!

例年、4月10日前後に満開となるのですが、
今年は早そうですね(^^)




今日は県内の大学で卒業式が行われているようです。
素敵な袴姿の学生さんが、お参りにいらっしゃいました(^^)

ご両親と一緒に神さまに奉告されていました。
これから新しい生活が待っていますね!
希望に満ちたお顔に、こちらまで元気をいただきました♪
頑張ってくださいね!



さて、速谷神社でも新しい仲間を募集しております!
私と一緒に御奉仕して下さる若い巫女さんです。
興味のある方は、社務所までご連絡下さいね!

hayatanijinjya@nifty.com
0829-38-0822


それでは、素敵な週末をお過ごしください(^^)


at 11:15, はやたに, 神社の風景

-, trackbacks(0), - -

秋祭り

 みなさま、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?

風が冷たくなりましたね。体調はいかがですか?
神社のまわりの田んぼでは、稲刈りが終わり、
スズメたちがチュンチュン、楽しそうにしていますよ(^^)

こうした実りの秋に感謝するお祭りが各地で行われていますね。
速谷神社でも、10月12日は一年で一番大切な「例祭」が執り行われる日です。



この例祭に合わせて行われるのが、
「桃祓祭(ももはらいさい)」「神楽」「神輿」です。

「桃祓祭」では、まず、古くから魔を祓う力があるとされる桃の木で
天地(あめつち)を祓い清めます。
そして、速谷神社の神さま(飽速玉男命)をお迎えする舞が舞われます。
地元・廿日市の「河津原神楽団」のみなさんによる雅楽が社殿に響く中、
厳かに神事が執り行われました。



その後は、みなさまがお待ちかねの奉納神楽です!
今年は2つの神楽団が舞を奉納して下さいました。
「河津原神楽団」「豊栄神楽保存会(東広島市)」のみなさんです。

県内外に伝わる4種類の神楽が披露され、
時間を忘れるほど楽しいひとときでしたよ(^^)
みなさん、深夜まで本当にありがとうございました!




賑やかな夜が終わると…
翌14日の朝は神輿です。
およそ700kgの御神輿を18人で担ぎました。
ひとりおよそ40kgを持ちあげていることになります!!



神さまが乗られる輿=御神輿ですから、
どんなに大変でも、「神さまに地域を見てもらいたい」という
氏子さんたちの思いが感じられました。
ただ、担ぎ手も年々高齢化が進んでおり、将来が心配です。
「我こそは!」と思われる方、「ちょっと気になる!」という方、
ぜひ、来年いらしてくださいね(^^)




地元子ども会の御神輿もたくさんやってきましたよ(^^)
保護者のみなさん、朝早くからお疲れさまでした。

境内を元気に走り回る子どもたち。
子どもたちにとって、こうしたお祭は忘れられない大切な思い出になるはずです。

実りの秋に感謝し、これからいよいよ新しい年を迎える準備が始まります。
気温の差が大きい日が続いています。
くれぐれも、体調にはお気を付け下さいね。

晴れて気持ちの良い日は、ぜひ、神社にお散歩にいらしてください!
職員一同、おまちしておりますよ(^^)


at 15:37, はやたに, 神社の風景

-, trackbacks(0), - -

朱の鳥居

 みなさま、おはようございます!
いかがお過ごしでしょうか?

「暑さ寒さも彼岸まで」
まさにその通りの気候になりましたね(^^)

空を見上げると、秋の雲が広がっています!



日中の屋外作業もだんだんと気持ちが良くなってきましたね。
爽やかという言葉がぴったりの秋、
神社に参拝される方も多くなるんですよ。



さて、昨日は「鳥居奉納祭」が執り行われました。

速谷神社には、境内社が2つあります。
一つは、この土地の神さま「岩木神社」。
もう一つが、「稲荷神社」です。

稲荷神社の御祭神は、もともと食糧をつかさどり、稲の生育を守る神さまです。
しかし、商工業の発達に伴い、農業だけではなく、
さまざまな産業の神さまとして崇拝されるようになりました。



奉納されたのは、朱の色が美しい稲荷神社の鳥居です。

朱色は、古墳時代頃に日本に伝わったとされ、
魔除けの意味があると云われています。

この朱の色を出すのに、施工業者の方はとても苦労されたそうです。
速谷神社の社殿は白木で造られているため、
多くの神社で見られる鮮やかな朱色はそぐわず、
趣のある朱色を求めて全国各地を探したとのこと。

おかげさまで、神社の風景にぴったりの素晴らしい鳥居が完成しました(^^)



奉納して下さったのは、お仕事仲間の4人のみなさんです。

地域の発展、日本の復興も願って奉納されたこの鳥居。
稲穂が頭を垂れるこれからの季節、
ぜひみなさまお参りにいらしてくださいね(^^)

at 09:19, はやたに, 神社の風景

-, trackbacks(0), - -

水の月、水無月

 みなさま、こんにちは!
日曜日の夕方、いかがお過ごしでしょうか??

午前中は過ごしやすい気温でしたが、
この時間は西日が強く、じわっと汗ばむほどです。
現在の気温は27度。
真夏日となった地域もあったのではないでしょうか?

 

社務所でも、扇風機がフル稼働しています。
白衣・袴の神職はこれからの季節が大変!
「冬は着こめるけれど、夏はどうしようもない!」と覚悟を決めています。


6月は「水無月」。
「無」は、「の」という意味なので、「水の月」ということになります。
週間予報を見てみると…なかなか雨が降りそうにありませんね。

境内にある木々も、心なしか雨を待っているように見えます。



古くから農業中心の生活をしてきた日本では、
雨に関するお祭りが数多く執り行われてきました。

そのため、雨にまつわる神さまをお祀りしている神社は、
全国各地にあります。
(貴船神社や水分神社などです)

古代には、雨乞いのお祭りでは「黒毛馬」、
雨を止めてほしいお祭りでは「白毛馬」が奉られていたそうです。



多すぎても少なすぎても困る雨。
何事もほどほどが一番なのでしょうね。


気温の変化が大きいこの季節、
水分をこまめにとるなどして、身体に気を付けてお過ごし下さいね(^^)

at 16:50, はやたに, 神社の風景

-, trackbacks(0), - -

カツオブシ?!も、もしくは…石器?!

 みなさま、こんにちは!
午後のひととき、いかがお過ごしでしょうか?

今日は日差しが弱く、風もそよそよと吹いているため、
とても過ごしやすいですね(^^)

こんな穏やかな一日なのですが…
実は、今、職員たちは少しソワソワしています!


というのも、昨日、権禰宜の瀬戸さんがあるものを発見したのです。

それが、こちら。



一瞬「カツオブシ??」と思ったのですが、
触ってみると石で出来ています。

瀬戸さんが神社の敷地内を掃除していた時に、出てきたそうです。
さっそく調査を依頼し…、
現在、廿日市教育委員会の方が来られて調査中なのです(^^)
それは、ソワソワしますよね!

速谷神社では、過去にも縄文時代の石器が出土したことがあります。
はたして、瀬戸さんの発見は本物かどうか…

分かり次第、ご報告しますね(^^)


at 15:23, はやたに, 神社の風景

-, trackbacks(0), - -

茅の輪完成!

 みなさま、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?

現在の気温は20度、今日も過ごしやすい一日ですね(^^)

ついこの間まで新緑の季節でしたが、
日に日に緑の色が濃くなっています。
植物の力強さを感じる季節ですね。



さて、力強い緑、といえば「茅(かや)」。

今年も夏越の大祓に向けて「茅の輪(ちのわ)」が完成しました!
森元さんと瀬戸さんが茅を刈り、数時間かけて作り上げました。

出来たての茅の輪に近づくと、青々した香りがします。
思わず深呼吸をしていました(^^)




茅には、強い生命力と災いを除ける力があるとされています。
この茅の力を借りて心身を清める神事が、
夏越の大祓の「茅の輪くぐり」です。



「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」は、6月30日に行われます。
残り半年間、みなさまが健やかに過ごすことができるようお祈りする神事です。

ぜひ、いらして下さいね(^^)

それでは、素敵な一日をお過ごしください!


(☆次回は、茅の輪のくぐり方や、人形神事についてお伝えします♪)



at 10:16, はやたに, 神社の風景

-, trackbacks(0), - -

朝の出会いは宝物

みなさま、こんにちは!
いかがお過ごしですか?
気持ちの良いお天気が続いていますね(^^)




今朝も早くからたくさんの方が参拝にいらっしゃいましたよ。
参道を掃除していると、
小さなお子さんが元気いっぱいに走って来られました!
お母さんに伺うと、もうすぐ2歳だそうです。
いろんな発見をしながらのお散歩ですね♪

朝はたくさんの出会いがあって、元気をもらえます(^^)



さて、楼門を掃除していると、同じ場所に小枝がたくさん落ちていました。
しかも、同じような大きさの小枝です。
不思議に思い、見上げてみると…



ツバメの巣が出来ていました!
小枝や稲藁、土のようなものがたくさん重ねられています。
まだ建設中なのでしょうか。
近くで親ツバメたちがピュンピュン飛んでいます(^^)



桧の楼門に、小さなツバメの巣。
住み心地はどんなものでしょうか??
ゆっくりと見守っていこうと思います!


それでは、暑さに気をつけて、
素敵な一日をお過ごしくださいね(^^)


at 10:12, はやたに, 神社の風景

-, trackbacks(0), - -

心を学ぶ〜子ども作法教室開催!〜

 みなさま、こんにちは!
絶好の行楽日和、いかがおすごしでしょうか?

今日は日差しが強いですね。
現在の気温は25度。夏日です〜!

境内のツツジが、
いつもより力強く咲いているようですよ(^^)



さて、今日は5月5日「子どもの日」です。
速谷神社では、今日から「子ども作法教室」が始まりました!

集まったのは、1年生から5年生、9人の小学生です(^^)
最初は少し緊張気味でしたが、
真剣に先生のお話を聞いていましたよ。

作法教室では、まず大きな声で自己紹介をし、
和室での立ち方・座り方などを学びました。



今、「礼儀作法について学びたい」という声が多く寄せられます。
そもそも、礼儀作法とは何なのでしょうか。

気持ち良く相手とコミュニケーションをとるための「型」であり、
日本の伝統文化だと考えます。

人の意識というのは、「型」を何千回と繰り返すうちに作られていくそうです。
繰り返すことで、その「心」を知っていくのでしょう。
確かに、お茶やお花、武道も「型」から入りますよね。
神社の祭式も同じなのです。



作法教室は、中国新聞社さんも取材にいらっしゃいました(^^)
真剣に取り組む子どもたちの姿を見て、
熱心にお話を聞いて下さいました。
(手前でカメラを構えていらっしゃいます)

「むつかしかった」という子、
「足が痛かった!」という子、
「とっても楽しかった!」という子、様々でしたが、
みんな次回を楽しみにお別れしました。



今後は、挨拶の仕方や、玄関での履物の扱い、
お箸やお椀の使い方などを学びます。
10月まで、月に一度、第1土曜日に開催しています。
(8月は第3土曜日です♪)

興味のある方は、ぜひ速谷神社までお問い合わせ下さいね(^^)

at 15:13, はやたに, 神社の風景

-, trackbacks(0), - -

サクラ満開

 みなさま、こんにちは!
ご無沙汰しております。いかがお過ごしでしょうか?

新年度が始まりましたね。
新しい環境はいかがですか??
張り切って日々を過ごしていらっしゃることと思います(^^)



今年は桜の開花が遅く、ちょうど入学式に満開となったところもありましたね(^^)

速谷神社の社殿前には、「左近の桜・右近の橘」があります。
桜は「八重紅枝垂桜」で、ソメイヨシノに比べて一週間ほど遅く満開を迎えました。



桜の語源には諸説ありますが、
神道では、稲の神さまが鎮まる場所だと言われています。

サクラの「サ」は、稲の神さまを表し、
サクラの「クラ」は、神さまが鎮まる場所を意味しているそうです。

「サカキ」や「サケ」の「サ」も、
神さまを意味していると考えられています。

私たち日本人は、
古くから自然のあらゆるものに神さまがいらっしゃると
考えていたのですね。

お花見も、日々の生活に感謝しながら
神さまと一緒に美味しいお酒をいただく大切な行事だったのでしょう。



これから、若葉の季節へと変っていきます。
神社でも、いろんなところで新しい命が芽吹いていますよ(^^)
ぜひ、お散歩にいらして下さいね♪

at 15:18, はやたに, 神社の風景

-, trackbacks(0), - -