<< 夏越の大祓 | main | 異文化交流 >>

お神酒あがらぬ神はなし

 みなさま、こんにちは!
今朝は雨の音で目が覚めたという方も多いのではないでしょうか?
特に通勤通学時間の雨は大変ですよね。
運転をされる方は、いつも以上に優しい気持ちでお願いしますね(^^)




今はその雨が信じられないくらい強い日差しです!
さて、この写真。よーく見て下さい。
みなさまは、どこに注目されますか??
「曲線が美しい屋根」「しめ縄」「賽銭箱」。
いろんな答えがありそうですが…




お酒好きの方は、この「菰樽(こもだる)」でしょう!
各地の神社に奉納されているこの菰樽(こもだる)。
参拝された方に「実際に入っているのですか?」と聞かれることがあります。
残念ながらこの中には入っていないのですが、
中のお酒はちゃんと御神前にお供えしてありますよ。

日本人は、古来より神様への授けものとして
お酒を大切にしてきました。
祈願の時には、最後に参列者全員でお神酒をいただいて
祈願成就を願ってきたのです。

お酒は今でも神事に欠かせません。

特に広島県は、全国有数の酒どころですよね!
杜氏さんたちの技はもちろん、
お水が美味しいというのもあるのでしょう。



中身は入っていませんが、それぞれの銘柄のデザインを見るだけでも面白いです。
神社にいらしたときは、注目してみて下さいね。

明日から週末です!
みなさん、美味しいお酒が飲めますように☆






at 17:33, はやたに, 神社のしきたり

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://hayatani.jugem.jp/trackback/27