<< 茅の輪くぐり | main | 実りの秋に感謝して〜例祭・神楽〜 >>

夏越の大祓 〜人形神事〜

 みなさま、こんにちは!
午後のひととき、いかがお過ごしでしょうか?

現在の気温は28度。
今日も気温がぐんぐん上がっていますね!
冷たい飲み物が嬉しい時期です(^^)



社務所では、夏越の大祓に向けた準備が着々と進んでいます!
人形(ひとがた)の作業をしているのは権禰宜の瀬戸さん。
一枚ずつ丁寧に、神社の印を押していきます。
その数、三千枚!果てしないですね。



人の形をした「人形(ひとがた)」は、
私たちの心身の穢れを移す‘身代わり‘となるものです。

人形には、まず自分の氏名と年齢を書きます。
そして、息を大きく三回吹きかけ、
身体を(特に悪い所をしっかりと!)よくなでます。



この、みなさんの身代わりとなった人形は、
大祓当日、神前で祓い清められた後、
ご神火で焚きあげられます。
そして、その灰を川に流すのです。



古くから日本人は、自分に積もった罪や穢れは放っておくと
病気や不幸をもたらすと考えてきました。
そのため、宮中をはじめ全国の神社で半年に一度(6月と12月)
大祓いを行い心身の清浄を保ってきたのです。

たしかに、心の中にある悩みなどに一度区切りをつける良い機会かもしれません(^^)
夏越の大祓がみなさまにとって「心機一転」の出来事となるよう、
神職一同、一生懸命ご祈願しますよ!

残りの半年、みなさまが健やかに過ごすことができますように!




at 14:04, はやたに, 神社のいろは

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:トラックバック機能は終了しました。