<< 満点ママ | main | 茅の輪くぐり >>

遠く石州の地で

 みなさま、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?
今の気温は25度。風が吹くと気持ちが良いお天気です。

新緑がまぶしい季節、森林浴に行きたくなりますね(^^)
先日、御縁があって緑豊かな素敵な場所におじゃましました。



島根県浜田市の波佐地区です。
速谷神社から浜田自動車道を通って1時間40分。

実はこの地区には、速谷神社ととても縁がある神社があるのです。
その神社は、大きな大きな木に囲まれた場所にひっそりとあります。
木々の音や鳥のさえずりが気持ちよく響いていました。



神社の名前は、「速田神社」。

歴史は今から430年前にさかのぼります。
戦国時代の頃です。

安芸国の速谷神社は、毛利・尼子の戦いで社人が亡くなるという非常事態に陥りました。
そこで、残された娘とご神体を救おうと、
この地域に住む親戚が、戦火の中、速谷神社まで助けに来たのです。
親戚は社人の娘を抱いてこの地に戻り、
新たに祠を建てて速谷の神さまをお祀りしました。

この事実を記した文書が、
速田神社を代々守る「佐田家」に残っていたのです。



案内して下さったのは、
今も社を守り続けている佐田家の次男、佐田雅宏さん。
そして、この地域の歴史や習俗に詳しい最中山神社の山崎知行宮司です。


小高い山の中腹からひっそりと集落を見守ってきたお社。
周りには榊やゆずり葉が育ち、とても清浄な空気が流れていました。
とても大切にされているのが伝わってきました。



心を込めて、当社の宮司が榊をお供えしました。

どのような思いで逃れ、ここに辿り着いたのでしょうか。
社人の娘さんの気持ちを考えると、胸が熱くなります。



佐田さんに面白い伝承を聞きました。
「江戸時代、津和野藩の殿様は、
この神社の前を通る時は必ず駕籠を降りていたんですよ」

広島から離れた山の中で、
速谷の神さまは地元の人たちに愛され、篤く崇敬されてきたのですね(^^)


あらためて速谷の神さまに感謝し、
大切にお守りしなければと誓った出会いでした。

at 17:10, はやたに, 神社のいろは

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:トラックバック機能は終了しました。