注連縄奉納

みなさま、こんにちは!
おひるのひととき、いかがおすごしでしょうか?
雨上がりの境内では、セミが元気に鳴きはじめましたよ(^^)


さきほど、一台のトラックがやってきました。
荷台には、何やら大切そうにカバーにかけられたものが。
慎重にカバーを外すと…



注連縄が登場しました!
それも、とてもとても大きな注連縄です。
長さは4メートルあまり。重さは250キロ以上あるそうです。


この注連縄は、島根県飯南町でつくられました。
飯南町は、おいしいお米の産地でも知られる水と空気がきれいな町です。
出来立てほやほやの注連縄からは、ほんのりと稲わらの香りが。
おもわず深呼吸したくなるような、清々しい香りです。


注連縄は、もち米の稲わらで作られます。
しかも、お米を収穫する前の青々とした状態で刈り取るそうです。
稲の丈はおよそ150cm。ずいぶん長いのですね!



神門の梁にロープを渡し、大人4人で持ち上げます。
神門と注連縄の絶妙なバランスをとるため、
何度も前後左右に動かしていました。


指揮を執っていた、棟梁の石橋さん。
出雲大社や宮地獄神社の注連縄にも携わられた大ベテランです。
全国各地から、注連縄奉納の依頼が舞い込みます。
そのため、飯南町には1ha近くの注連縄専用の田んぼがあるそうです。


「真心込めてつくりましたから!」とおっしゃった石橋さん。
本当に、素晴らしい注連縄を奉納して下さり、ありがとうございました。

俗世と聖域をわけるために張られる注連縄。
神社がこれまで以上に、清々しく、生き生きとしてみえます。
どうぞ、お参りにいらして下さいね。


















 

at 14:09, はやたに, 神社の一日

-, trackbacks(0), - -

日本のふるさと 〜遠野からのお客さま〜

みなさま、こんばんは!
いかがお過ごしでしょうか??

朝晩、寒くなりましたね!
少し前までは参拝される皆さんとも、「涼しくなりましたね!」と 話していたのですが…
そろそろ冬物の準備が必要ですね(^^)

さて!
今日は遠くからはるばる正式参拝にいらっしゃった皆さんをご紹介します!!



どちらからいらっしゃったと思いますか?!
今日の最高気温は15度!(ちなみに広島は22度でした)
「日本のふるさと」の風景が広がっているとも言われています。
それはー
岩手県遠野市。
優しい方言に、たくさんのむかし話。
一度は訪れてみたい土地です(^^)



みなさんは、遠野市にある遠野郷八幡宮からいらっしゃいました。
神職・総代さん総勢25人で、中国地方の神社をめぐる研修とのこと。
バスから降りられて、「あたたかいねぇ!」と驚かれる方もいらっしゃいました(^^)

遠野は馬の名産地。
遠野郷八幡宮の例祭では流鏑馬も行われるそうです!
また、宮沢賢治の物語にも出てくる「しし踊り」も多くの団体が奉納します。
こちらでいうと、、、神楽になるのでしょうか(^^)



東日本大震災では、遠野郷八幡宮も大きな被害に見舞われました。
大変な中、倉敷から駆け付けたボランティアのみなさんにとても励まされたそうです。
ですから、今回の旅で倉敷も訪れて、
お世話になったみなさんと懇親会を行うのが本当に楽しみなんですとおっしゃっていました。



神社にいると素敵な方々とお会いするチャンスに恵まれます。
これも神様からいただいた「ご縁」なのですね☆
感謝感謝です。

遠野の皆さん またお会いできることを楽しみにしています!
どうぞ、素敵な旅になりますように!

at 19:07, はやたに, 神社の一日

-, trackbacks(0), - -

お神輿ワッショイ!!

みなさま、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?
日中は過ごしやすいお天気ですが、夜は冷え込みますね。
あわてて冬用のパジャマを出しました(^^;)
気温の変化に気をつけなきゃいけませんね。



今日は、例祭の次の日に行われたお神輿の様子をご紹介します(^^)

烏帽子に白丁(はくてい・はくちょう)姿のみなさんが御神輿を担ぎ、
法被姿のみなさんが、木遣唄(きやりうた)や掛け声をかけて盛り上げます!!



はじめに参加者全員が社殿でお祓いを受けます。
そのあと、いよいよ神さまに御神輿に遷っていただきます。
どうやって遷っていただくかというと、、、
まずは宮司さんが持っている依代(よりしろ)に神さまをお遷しします。

宮司さんは、神さまに自分の息がかからないよう、
白い布を口にあてています。(マスクのようなものです)
神さまに息がかかると失礼にあたるからです。

そして、慎重に慎重に御神輿まで運んで乗っていただくのです。



準備万端、いよいよ出発です!
速谷神社の神輿はおよそ800kg。
20人以上で担ぎあげます。
境内に木遣唄が響く中、「せーの!!」の掛け声でゆっくりとお神輿が持ちあがりました。
法被姿はベテランのみなさん(^^)
若い担ぎ手の人たちに「右、左、ゆっくり!」と声をかけます。



今年は、例年になく多くの人が参加して下さいました。
というのも、地元企業の皆さんが担ぎ手として名乗りを挙げられたのです。
私たちに馴染みの深い企業の人たちの参加は、
地域が一体となっているようでとても嬉しい出来事でした(^^)



参道に響く、「ワッショイ、ワッショイ」という掛け声。
「ワッショイ」の語源は、和を背負うという説もあります。
参道を進むにつれて、その声は大きくなり、
神社全体に響き渡っていましたよ!



お神輿の後は、全員で「直会(なおらい)」をします。
直会では、神さまにお供えしたお酒や食べ物を「お下がり」としていただきます。

地元に古くから伝わる話を熱心に聞く若い人たち。
楽しそうに、お神輿を担ぐコツを教えてくださるベテランのみなさん。
和気あいあいとした時間が過ぎていきました。

お神輿を背負うことで気持ちが通い合う、まさに「ワッショイ」なひとときでした(^^)
参加して下さったみなさん、本当にありがとうございました。

来年も、皆さんの参加をお待ちしております!!
ワッショイ!!










at 15:40, はやたに, 神社の一日

-, trackbacks(0), - -

実りの秋に感謝して〜例祭・神楽〜

 みなさま、こんにちは(^^)ご無沙汰しております!
いかがお過ごしでしょうか??

3連休、気持ちが良い青空が広がりましたね。
近くの田んぼでは、刈り取られた稲が丁寧に干されていますよ。
実りの秋に感謝する風景です(^^) 

さて、速谷神社では一年に一度の大きなお祭り
「例祭(れいさい)」が執り行われました。



例祭では、「御扉(みとびら)」が開かれます。
御扉は、神さまがいらっしゃるお部屋の扉で、普段は固く閉じられています。
しかし例祭では扉を開けて、お酒やお米などさまざまなお供えをします。
地域を見守って下さっている神さまに日頃の感謝の気持ちを伝えるためです。

総代さんを始め多くの方が参拝されました。
みなさん、御扉の先をじっと、食い入るように見つめていらっしゃいました。
みなさんの気持ちが届いたのでしょうか。
御扉が開いた瞬間、フワッと風が吹き、境内には木の葉の音が響きました。
とても清々しい時間でした(^^)



速谷神社は、1800年の歴史があります。
古代より神社にとって最も大切な日は、
「神無月十日余り二日」、つまり10月12日とされ、祝詞にも記されてきました。

詳しい由縁は伝わっていませんが…
この地域の稲刈りが行われる頃だったのでしょうか。
数百年前の人たちも同じ日に神さまに感謝の気持ちを伝えていたと思うと、、、
あらためて、後世にしっかりと伝えていかなければいけないという気持ちが強くなります。




夜は桃祓祭(ももはらいさい)が執り行われました。
桃祓祭の主役は、桃の木です。
古くから桃には魔を祓う力があるとされ、様々な神事で登場してきました。
桃祓祭では、桃の木でできた大麻(おおぬさ)で地域を祓い、繁栄を祈願します。



社殿では地元神楽団による「神降ろし」の舞も奉納されました。
笛や太鼓が鳴り響く中、鈴・扇を手に一心不乱に舞う団の人。
神楽は、文字通り「神さまに楽しんでいただく」ものなんだと、
あらためて気づかされたひとときでした。




境内にある神楽殿でも、恒例の神楽上演が行われました!
今年は「上温井神楽団」「河津原神楽団」の2団体が上演してくださいました。
どちらの神楽団も迫力いっぱいです。

この日ばかりは、小さな子どもたちも夜更かしをしていましたよ!
目をキラキラ輝かせて神楽を見つめていたり、
舞の真似をしてみたり。
おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に観に来ている子ども達も多く、
おひざの上で見ている様子も。
とっても温かい気持ちになりました(^^)



毎年、例祭が終わると、ググッと秋が深まっていきます。
実りの秋に感謝して、どうぞ豊かな日々をお過ごしくださいね。
速谷神社職員一同、みなさまの健やかな日々をお祈りしております(^^)






at 14:59, はやたに, 神社の一日

-, trackbacks(0), - -

満点ママ

 みなさん、こんにちは!
お昼のひととき、いかがお過ごしでしょうか?

今日は朝から日差しが強いですね!
空の色も一段と青く、気持ちが良いですよ(^^)



絶好のお出かけ日和の中、珍しいお客様がいらっしゃいました(^^)
テレビ新広島さんの人気番組「ひろしま満点ママ」ロケクルーのみなさんです。

“あの町へ駅んさい”というコーナーで、
今回は宮内串戸駅だそうです。

リポーターの森本久美子さんは、
太陽のように明るく素敵な方でしたよ♪



なぜ速谷神社が交通安全の神さまなのかや、
正しいお参りの仕方などをお話しました。

みなさんが乗られるロケ車のお祓いも行いました(^^)
色んな所に取材に行かれますから、
交通の安全をしっかりとお願いしましたよ!




放送は、5月15日(水) 9:50〜の予定です。
みなさん、ご覧くださいね(^^)

今日はすでに夏日となっている地域もあるようです。
水分をしっかりと補給して、
元気にお過ごし下さい!

at 12:19, はやたに, 神社の一日

-, trackbacks(0), - -

新年度、始まる!

 みなさま、こんばんは!
新年度が始まりましたね♪
いかがお過ごしでしょうか?
遅い時間の更新ですがご容赦ください(^^)



今日は新年度の始まりにふさわしい青空が広がりました。
境内の八重桜も「待っていました!」とばかりの満開ですよ!

月の初め、そして新年度の初めということもあり、
県内企業のみなさん、地元のみなさんが朝早くからお参りにいらっしゃいました。

中には、七五三にいらっしゃったご家族も(^^)
おじいちゃんおばあちゃんと一緒に、おみくじをひいたり
記念撮影をしたり、とっても幸せそうでしたよ〜!



そんな中、社殿では大手食品メーカーの入社式が執り行われました。
真新しいスーツに身をつつんだのは14人の新人社員さんたち。
社長さんをはじめ、先輩社員さんたちが社殿を埋め尽くすなか、
立派に玉串拝礼をされていました。

緊張した面持ちでしたが、さすが食品メーカーさんですね。
清潔感あふれる方ばかりです!
こちらの背筋も伸びる思いでした。



速谷神社では、巫女さんを募集しています!
4月10日頃までに御応募下さいね☆
ぜひ、興味のある方は飛び込んでみて下さい(^^)


さて、明日は大安&戌の日です!
安産祈願にいらっしゃる妊婦のみなさん、
どうぞ温かくしておいで下さいね☆

それでは、おやすみなさい!

at 21:45, はやたに, 神社の一日

-, trackbacks(0), - -

バスの運転手さん♪

 みなさま、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?

今日は暖かくなりましたね。
うららかという言葉がぴったりの日和ですね!

写真は今朝の様子です。
極楽寺山に、もやがかかっていました。
「今日はぬくうなるじゃろう」と、お参りにいらした方がお話されていましたが、
その通り!
昔の人は、当たり前のように空を見てその日のお天気を感じていたんですよね♪




さて、境内を走っているのは広島電鉄さんのバスです!
行き先の表示は… あら??「回送」。

でも、中にはたくさんの人が乗っているようですよ?!
近づいてみると…



新しい制服に身をつつんだ新人運転手さんたち!
みなさんで交通安全祈願にいらっしゃいました。

バスの運転手さんには、通学の時、
毎朝「いってらっしゃい!」と声をかけてもらっていたのを思い出します。
定期を見せながら、自然と出てくるのは「ありがとうございました!」

当時は何気ない朝の風景でしたが、
とても有難い、気持ちの良い経験でした(^^)



運転手さんたちは、最終研修の後それぞれの路線で活躍されるそうです。
「イケメン揃いじゃろ!」という教官の方(^^)
その通り!
本当に素敵なみなさんでしたよ〜!

ぜひ、広電バスに乗った時には素敵な運転手さんたちに注目してみて下さいね♪
みなさん、安全運転、よろしくお願いします(^^)

at 15:24, はやたに, 神社の一日

-, trackbacks(0), - -

あすから神無月

 みなさま、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?
台風が通り過ぎ、境内のあちらこちらに小枝や葉っぱが落ちています。
16時現在、時折強い風が吹きますが、
青空も見え、穏やかな空気が戻ってきましたよ(^^)

台風は、依然勢力を保って北上しているとのこと。
これ以上被害が出ないことをお祈りするばかりです。



さて、先週の速谷神社は、たくさんの人で賑わいました。

26日(水)は、岡山県神社総代会邑久西大寺支部のみなさんが
正式参拝にいらっしゃいました。
岡山市西大寺区と瀬戸内市の神職・総代さんたちです。
なんと…バス3台、111人での参拝です!
修学旅行を思い出しました(^^)



みなさん、色んな質問をして下さいましたよ(^^)
特に、社殿の形は地域によって大きく違うため、
熱心に見学されていました。

高齢の方が多いうえ、バスの長旅です。
お疲れでは…と心配していたのですが…
イキイキと境内を歩かれる様子は、本当にお元気です!
さすがです!
またお会いできる日を楽しみにしていますね(^^)


(牛窓町のみなさんと記念撮影)


続いて、28日(金)は、
広島県神社庁 佐伯大竹支部の研修会が行われました。
広島県内から70人の神職・総代さんが参加しての大勉強会です。

実は、来年は神道にとってとても意義深い年になります。
伊勢神宮の式年遷宮と、出雲大社の大遷宮が60年ぶりに重なるからです。



遷宮は、一般的に「神様のお引越し」として知られています。
では、なぜ遷宮を行うのでしょうか。
そこには、古くから日本人が受け継いできた
「いのち」に対する考え方が大きく関わっています。

遷宮を通して伝えられてきた日本人のこころを
神職・総代が学び直し、地域のみなさんにお伝えしていくことは、
今、とても大切なことだと思います。
参加者全員、気が引き締まる思いでした。



勉強会には、マスコミのみなさんも取材にいらっしゃいました。
お忙しい中、ありがとうございました。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/120929/hrs12092902030000-n1.htm




明日から10月ですね!
今年も残り3か月です。
より良い年を迎えられるよう、
明日からまた、新たな気持ちで過ごしていきたいと思いました(^^)
どうぞ、みなさんも健やかな日々をお過ごしくださいね!

at 16:13, はやたに, 神社の一日

-, trackbacks(0), - -

おはようございます!

 みなさま、おはようございます!
ご無沙汰しております(^^)
残暑厳しい日が続いていますね。
いかがお過ごしでしょうか?

今日は久しぶりに神社の朝をご紹介いたします。



午前5時50分の境内の様子です。
深呼吸すると、爽やかな秋の気配を感じるようになりましたよ(^^)



午前6時。新しい朝を告げる太鼓が鳴り響きます。
朝のお散歩&お参りにいらっしゃる方がとても多い時間帯です。

夏休みだからでしょうか。
お父さんやおじいちゃんと一緒に子どもさんたちもいらっしゃいます(^^)




さて、太鼓と並んで欠かさないのが「御日供(おにっく)」です。
今日も一日、地域のみなさまが幸せに過ごすことができますよう、
神職が祝詞を奏上します。


そして…これは禰宜さんの趣味。



鯉にエサをやります(^^)
カープの「クライマックスシリーズ進出」を祈願。
あと少しですからね!!
「今日も食べっぷりが良いから勝つ」そうです(笑)



日中はまだまだ夏が続いていますが、
確実に秋はやってきていますよ(^^)

少し早起きして、ぜひ神社を訪ねてみて下さいね♪

今日も一日、みなさまが健やかに過ごすことができますように!

at 06:55, はやたに, 神社の一日

-, trackbacks(0), - -

夏越の大祓

 みなさま、こんにちは!
6月最後の一日、いかがお過ごしでしょうか?
湿度が高く、この時期らしい一日でしたね。

さて、早いもので一年も折り返しの日を迎えました。
今日、6月30日は各地の神社で
「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」が行われています。

夏越の大祓は、半年間の穢れを祓い、
残りの半年も健やかに過ごせますようにとお祈りする神事です。



今年も、地域のみなさんをはじめ、遠方からも多くの方がいらっしゃいました。
雨が心配されましたが、
神事が始まる午後4時を見計らったように…止んだのです!
夏越の大祓は梅雨時期の神事ですが、
不思議と雨が止むことが多く驚いています(^^)



最後に、小さな茅の輪のお守りを受けていただきました。
生命力の象徴である茅の輪をくぐり、
残り半年間も、みなさまが健やかに過ごせますようお祈りいたしております(^^)







 

at 18:56, はやたに, 神社の一日

-, trackbacks(0), - -